「あんみつ」と「あんぱん」

GW中、息子のランドセルを注文するために銀座に行ってきました

せっかくの銀座!
久々の銀座!

そんな張り切った気持ちで、
「銀座若松」と「木村屋」に寄り道
甘味を購入してきました



c0332287_12070180.jpg

銀座若松の「あんみつ」
1個 600円(税込み)


帰宅してから、少し冷やし
冷蔵庫に眠っていた苺とともに盛り付けて
家族4人で、おいしい時間


c0332287_12073315.jpg


たっぷりの寒天に
あんこ、羊羹、赤エンドウ豆、求肥、みかん、さくらんぼ
黒糖が香る濃厚な黒蜜をかけていただきます

「あんみつ」は若松が元祖らしく
また、地方発送もしていないので
「銀座に行ったら絶対、買う!」と心に決めていただけに
堪能できて嬉しかったです


中でも「赤エンドウ豆」の美味しい~ことっ!
ホクホクと、でも、しっかり歯ごたえもある触感に
お塩の塩梅が絶妙で・・・
豆だけ、おかわりしたくなりました^^




c0332287_12084648.jpg


こちらは
「銀座木村屋のあんぱん」

店内には袋詰めされたパンのほか、
ケーキ屋さんみたいにショーケースに入ったパンも売られてますが、
木村屋といったら、あの木箱!
あの木箱に入ったパンが欲しくて
黙々と行列に並びます

今日は
定番の桜のほか、栗、抹茶、抹茶クリーム、チーズクリームを2個づつ注文
チーズクリームは翌日、栗は3日後が賞味期限だそう
あんぱんは、5日と比較的長く日持ちします
とはいっても、家族4人で翌日には全部食べてしまいましたが・・・

小ぶりなパンの中は
予想以上に身が詰まっていて
どれもとっても美味!
「栗」は中央に大粒が乗っているうえに、中にはカケラもたくさん!
「抹茶」には大きめの求肥も入っていたし
「抹茶クリーム」はその抹茶の渋みがほどよく感じられました



4人家族なのに、2個づつ買うという適当な私
どれを食べるか迷うのも楽しいよね?なんて思っていたら
「はんぶんこすれば、みんなが全種類食べられるよ!」と5歳の息子
素敵な思いつきに「そうだよね!そうだよね!!」と喜々としていたら
「私は一個まるまる食べたいのよー!」という小学生の娘

あぁ。
次は、4個づつ買います



c0332287_12083632.jpg

木村屋のあんぱんは
イーストフードではなく
酒種酵母を使って発酵させるため
通常3、4時間で出来る生地作りを
丸1日もかけているのだそう

私も時々、パン作りをすることもあってか
そんなお話しを聞くと
愛着を感じずにはいられません!

気長に時間をかけて、極力自然に大切に
育てられたんだろうなぁ
ふわふわした生地をいただきながら
「どこか、理想の子育てにも通じる?」
なんて思いがめぐったり・・・
ほっこり優しい気持ちになれました



[PR]
by vbjaroma | 2018-05-07 16:46 | Sweets

アロマ、紅茶、ハーブ、ハンドメイド、リネンとともに心地よく過ごす日々 


by kiko
プロフィールを見る