ハーバリウム

c0332287_13330844.jpg

GW中、子ども達を連れて
ハーバリウムのワークショップへ

ハーバリウムって聞いたことあるけど、何?
そんな興味から参加したお教室

ひとことでいえば「植物標本」らしい・・・

作り方のほうは凄く簡単で
ガラス瓶の中に
ドライフラワーやブリザーブドフラワー、ドライフルーツなどの花材を入れ
専用のオイルで瓶を満たすだけ


向かって右が息子、左は娘が作ったものです


5歳の息子は
繊細な花材をあえて分解し
放り投げるように入れ、棒で押し込む

小学生の娘は
丁寧に丁寧に
色が交互になるよう
ピンセットを使いながら
じっくりと、作っていました


子ども達の作り方の違いに
興味深い思いを抱きながら

出来上がった作品は、なかなかにステキでした




c0332287_13331308.jpg

窓辺に置くと、陽の光が揺れて
とってもキレイ~

光の美しさを堪能するためにも
花材は欲張らずに、少し隙間を見せることもコツです


そして、これ、
半永久的にもつのですって!

息子に「僕がおじいちゃんになっても、このままキレイなんだって!」と言ったら
嬉しいような恥ずかしいような
何とも言えない表情を浮かべていました

子どもや孫に見せたりするのだろうか?




[PR]
# by vbjaroma | 2018-05-09 15:44 | Handmade & Linen

かぎ針編みのフリルポシェット

c0332287_13324639.jpg


家に余っていたリネンの毛糸で
ポシェットを編みました


レシピはロニークさんの「夏のかぎ針あみこもの」から


c0332287_13323088.jpg


長編みを編んでいるうちに
だんだん「逆台形」のような形になってしまい・・・

もうちょっと、シュッとした形になる予定だったのですが(汗)



c0332287_13325685.jpg


鍵と携帯だけ入れて
幼稚園の送迎に行っています





[PR]
# by vbjaroma | 2018-05-08 19:23 | Handmade & Linen

「あんみつ」と「あんぱん」

GW中、息子のランドセルを注文するために銀座に行ってきました

せっかくの銀座!
久々の銀座!

そんな張り切った気持ちで、
「銀座若松」と「木村屋」に寄り道
甘味を購入してきました



c0332287_12070180.jpg

銀座若松の「あんみつ」
1個 600円(税込み)


帰宅してから、少し冷やし
冷蔵庫に眠っていた苺とともに盛り付けて
家族4人で、おいしい時間


c0332287_12073315.jpg


たっぷりの寒天に
あんこ、羊羹、赤エンドウ豆、求肥、みかん、さくらんぼ
黒糖が香る濃厚な黒蜜をかけていただきます

「あんみつ」は若松が元祖らしく
また、地方発送もしていないので
「銀座に行ったら絶対、買う!」と心に決めていただけに
堪能できて嬉しかったです


中でも「赤エンドウ豆」の美味しい~ことっ!
ホクホクと、でも、しっかり歯ごたえもある触感に
お塩の塩梅が絶妙で・・・
豆だけ、おかわりしたくなりました^^




c0332287_12084648.jpg


こちらは
「銀座木村屋のあんぱん」

店内には袋詰めされたパンのほか、
ケーキ屋さんみたいにショーケースに入ったパンも売られてますが、
木村屋といったら、あの木箱!
あの木箱に入ったパンが欲しくて
黙々と行列に並びます

今日は
定番の桜のほか、栗、抹茶、抹茶クリーム、チーズクリームを2個づつ注文
チーズクリームは翌日、栗は3日後が賞味期限だそう
あんぱんは、5日と比較的長く日持ちします
とはいっても、家族4人で翌日には全部食べてしまいましたが・・・

小ぶりなパンの中は
予想以上に身が詰まっていて
どれもとっても美味!
「栗」は中央に大粒が乗っているうえに、中にはカケラもたくさん!
「抹茶」には大きめの求肥も入っていたし
「抹茶クリーム」はその抹茶の渋みがほどよく感じられました



4人家族なのに、2個づつ買うという適当な私
どれを食べるか迷うのも楽しいよね?なんて思っていたら
「はんぶんこすれば、みんなが全種類食べられるよ!」と5歳の息子
素敵な思いつきに「そうだよね!そうだよね!!」と喜々としていたら
「私は一個まるまる食べたいのよー!」という小学生の娘

あぁ。
次は、4個づつ買います



c0332287_12083632.jpg

木村屋のあんぱんは
イーストフードではなく
酒種酵母を使って発酵させるため
通常3、4時間で出来る生地作りを
丸1日もかけているのだそう

私も時々、パン作りをすることもあってか
そんなお話しを聞くと
愛着を感じずにはいられません!

気長に時間をかけて、極力自然に大切に
育てられたんだろうなぁ
ふわふわした生地をいただきながら
「どこか、理想の子育てにも通じる?」
なんて思いがめぐったり・・・
ほっこり優しい気持ちになれました



[PR]
# by vbjaroma | 2018-05-07 16:46 | Sweets

grisのビーズクロッシェネックレス

c0332287_16322620.jpg

骨格診断「ウェーブ」の私にとって
着こなしで気をつけるべきポイントのひとつに
「胸元にポイントを置く」ということが挙げられる

洋梨体形であるがゆえに
下半身にポイントをもっていくと、ますます重い印象になってしまうので
出来る限り、上半身にポイントを置くことが望ましいらしい

特にショート丈の華奢な印象のネックレスは合うのだそう

そうはわかっていても、なかなか好みのものに出逢えないまま
ある日、ふとみたハンドメイドキットが売られているHPで見つけたネックレス

繊細でありつつも洗練された個性的なデザインに
うっとり~
一目惚れしてしまった^^


c0332287_10540490.jpg
gris
ビーズクロッシェ ショートネックレス


ビーズクロッシェというのは
レース針でレース糸を編む時に
ビーズを組み込んでいく手法だそうで
初めての私でも大丈夫なのか心配でしたが

このキットは
かぎ針編みの「鎖編み」さえ出来れば問題なく出来る手軽なものでした
中にはビーズのほか、糸やレース針も入っていて
自分で用意するのは平ペンチだけ



c0332287_16302531.jpg

45㎝ほどのショートネックレスということもあってか
何も考えずに作ったら1時間もあれば出来てしまう

せっかくの愉しみを短時間で終わらせるのは
なんだか凄くもったいないような気持ちになって
ひとつひとつ、出来る限り丁寧に編んでいきました


c0332287_16304167.jpg


デザインを担当されたのは
「yofi」サン
色も形も異なる12種類のビーズを美しくデザインされている

「私では、こうはいかないなぁ~」

組み合わせる能力や想像力の凄さに
感嘆の想いが溢れるとともに
身に着けるたびに浸れる特別な幸福感

大切にしていきたいと思います


[PR]
# by vbjaroma | 2018-04-26 17:12 | Handmade & Linen

ソレイアードのタックプリーツスカート

c0332287_10533304.jpg


春になると
ふんわりとした優しい印象の服を身にまといたくなります

そこで、骨格診断「ウェーブ」でも似合う
細かい柄の入ったフレアースカートを
ソレイアードの生地を使って縫いました

プティット・フルール・デ・シャン
「野に咲く小さな花」
を意味して作られたこの生地は
ソレイアードの中でも人気の柄

デ・シャンの中でもいろいろな色味の柄があるのですが
私は今回「オセロ」にしてみました




c0332287_10533927.jpg

レシピはソレイアードのものを参考に
ウエストや丈を自分で好みに作ることができます

自転車にも乗れるよう
膝が隠れるくらいの丈の長さで作りました
左右には深さのあるポケットがついているので
自転車の鍵もポケットに入れておくことができます


生地はシーチングですが
あまり透け感はありません
念のためペチコートを着用して外出していますが
目はしっかり詰まった生地に思えます


皺になりにくいので
ドライ・おしゃれ着モードでの洗濯なら
ノーアイロンでもOK






[PR]
# by vbjaroma | 2018-04-23 13:23 | Handmade & Linen

手編みの靴下に小川糸「ミトン」

c0332287_10531853.jpg


春休みにはいってから
ユーチューブを見たがる子ども達に、パソコン・テレビを占領され続けた私
その間、読書やハンドメイドを愉しんでいました^^


まず作ったのは「靴下」
亜麻色の毛糸を選び、輪針を2本使って作りました

c0332287_10525160.jpg

c0332287_10530385.jpg

毛糸はソックヤーンという
靴下編み専用のもの



c0332287_10525307.jpg

透かし編みを施すために
段数リングをこまめに付けて
模様を間違えないよう
少しづつ少しづつ、編みました


履き心地は市販のものと違って
ゆった~りした柔らかい感触
履き口が少したるんでいて
外出用というよりは、自宅でほっこり気分専用のもの
今日のような雨の日には
冷えきった足をほんのり温めてくれます


*******

お話し変わって、読書について・・・

「ツバキ文具店」を読んでから
すっかりファンになった小川糸さん!

今回読んだ「ミトン」は
靴下編みではなく「手袋編み」のお話

手仕事を大切にしながら
大地の恵みとともに生きていく人々

全ての生に対する愛に溢れ
優しい語り口調にも
とっても魅了されました

強く逞しく、そして可愛らしい主人公にも
勇気づけられます

優しい気持ちに浸りたいとき
ぜひとも、おススメです











[PR]
# by vbjaroma | 2018-04-18 13:18 | Handmade & Linen

アロマ、紅茶、ハーブ、ハンドメイド、リネンとともに心地よく過ごす日々 


by kiko
プロフィールを見る