2017福袋「大丸東京」

今日は大丸東京での福袋のお話です
三越、コレドを後にして、大丸に着いたのが午前11時頃
まぁまぁ混雑はしていましたが、店内を歩くのに不自由ということもなく落ち着きを感じました。
通常10時開店になっていますが、初売りの時は9時半開店になったりしていたので、今年もスタートが早かったなのかなぁ?


ここでは、主人に頼まれていた紳士用品売り場のフロアーへ
狙っていたのは、5足で1,000円(税別)の紳士靴下です。
会場に着くと、すごい人!!靴下のワゴンの周りは人の山でした!
みんな、袋の隙間を見つけて中を見ながら選んでいましたよ。
私が、数年前に来ていた時には、落ち着いた色合い(紺、茶など)の会社に履いていけそうな靴下が多かったのですが、今回は、赤、黄といった色も含まれた靴下が1〜2足入っているものが多く、苦戦。パステルカラーばかりのものもありました。

c0332287_14011699.jpg
そんな中で見つけたのが、このセット
「色合いが凄く良さそう〜!」と思い決めました。
が、、、
素材が!!
ラムウールの入ったかなり厚地の靴下3足に、薄地の靴下2足。
「主人、履かないかも?」と不安に駆られながらも、家でなら履けるかも?と思い直し購入


c0332287_14012029.jpg
通常、1足1,000円〜1,300円で売られていて商品なので
気に入ったものが見つかればかなりお得です!

c0332287_14012512.jpg
c0332287_14012227.jpg


ネクタイ、ベルト、マフラーなどの選べる紳士小物は1点1,000円(税抜き)
主人に頼まれていた青系を購入。
こちらのワゴンの周りにも男性を中心にたくさんの人がいて、一つ選ぶのもなかなか大変でした。

選んだ靴下とマフラーは、透明ビニール製の大丸お買い物袋に入れてレジへ。
レジは、2箇所。どちらも凄い行列でした。


***********


婦人服売り場も見て回りましたが、さすがにもう、福袋はあまり残ってなかったなぁ。
福袋よりもバーゲンで混んでる様子が伺えました。
「バナナリパブリック」では、福袋も1万円、2万円のものがたくさん残っていましたが、アウター無しのとのことで購入しませんでした。


**********

地下に移動。
明治屋の「ウォーカー」福袋を見に行きましたが、量があまり入っていない。缶入りでなく、スーパーでも買えそうなものでしたので、やめました。



見学しながら歩いていると「大安」という京漬物店を発見

c0332287_14011328.jpg

初めて見かけるお店でしたが、5点入って1,000円(税込)という安さに購入してみました

c0332287_14011451.jpg
千枚漬けだけでも、七百円以上したので、かなりお得です!
「千枚漬け」と「赤かぶら切漬」は消費期限が1月11日までと早いのですが
その他は、日持ちしましたので、ゆっくり楽しめそうです



*******

1階の菓子売り場へ


12時近くになっていたので、もう、ほとんど福袋残ってないです。
お腹空いたので、お土産に芋羊羹でも買おうかな?と思っていたら、舟和の福袋が残っていました!

c0332287_14011181.jpg
帰宅して中を開けてみたところ。
芋羊羹は入ってませんでしたが、久寿もち、芋けんぴ、お芋パイ2個、抹茶わらび餅、黒わらび餅。
1,000円(税抜き)でした。
娘の大好物の「芋けんぴ」が入っていて、他も美味しいものばかり。
娘が「この福袋、すっごい良かった!!また、来年も欲しい〜」と言っていました。


朝からの福袋巡りで流石に疲れ、ここで終了。
他には、ゴディバ、塩瀬はこの時点でも残ってたような。
豆源欲しかったけど、無理でしたね〜

以前は、「大丸食品袋」「大丸菓子福袋」などの詰め合わせがとっても人気で、凄い行列の中を整理券もらって購入してましたが、今年は止めたそうです。菓子福袋などはいろんな銘店の味が少しづつ楽しめて好きだったのですが…。それぞれの店舗での販売のみに変わったと話していました。来年以降はどうかなぁ?復活するといいなぁ♪







by vbjaroma | 2017-01-06 10:36 | Comments(0)

アロマ、紅茶、ハーブ、ハンドメイド、リネンとともに心地よく過ごす日々  *コメントのお返事は皆さんのブログに伺ってさせてただきますね


by kiko
プロフィールを見る