アロマ精油とフラワーエッセンスで香油作り

c0332287_12303205.jpg


今日は香油作りのお話です


香油とは?簡単にいえばアロマフレグランスです
香水のように、耳の後ろや手首・足首につけて自分のために香らせるものです

香水がアルコールをベースにしているのに対し
香油は植物油をベースにしています

油でもスクワランのような動物性の油ではなく植物油をベースにするのは
精油が植物から抽出された芳香物質だから、植物同士の方が馴染みが良いためです
その植物油のなかでも最適と言われているのが、ホホバオイル
ホホバには他のオイルのような独特の香りがないこと、
酸化しにくく、入手しやすいことからも適切とされています





香油レシピ

ベースオイル(ホホバオイルが最適) 5ml
お好みの精油   計10~20滴
遮光瓶(容量5mlのもの)


遮光瓶に、ベースオイルを半量入れる
好みの精油を垂らす
(順番はベース → ミドル → トップ)
残りのベースオイルで瓶を満たす
よく振る

1日1回振って、2週間熟成させてから出来上がり


2週間という時間はかかりますが、この手間が大切
自分自身の波動を香油に伝えていきます
不思議なことに、同じ精油を同じ滴数選んでも、
人によって最終的に出来上がる香りは変わってくるそうです
もちろん、その方の体温や部屋の温度、湿度などが影響するのでしょうが
私には、それだけではなく、その方の想いや発するエネルギーのようなものも
関係しているように思うのです


香油は身体に直接つけたり、お部屋を香らせるだけでなく
肉体の外側にあるエネルギー体の部分、一般にオーラと呼ばれる部分への使用も効果が期待できます。
オーラソーマのポマンダーを身にまとう要領で
左手首に数滴垂らした香油を両手首なじませ、体の外側のオーラの部分へ馴染ませていく
それだけで簡単に自己ヒーリングができます





c0332287_12303357.jpg

今日の私のための香り
イランイランベルガモットをチョイスしました
ハートをオープンにして(ベルガモット)
本当の自分を愛せるように(イランイラン)

そんな思いを込めています


イランイランの精油って、私には「強い」印象があるんです
甘さが強いというか、ちょっと、むーーーんとする感じ?

ですが、ベルガモットと合わせると、その強さが和らいで、、、でも
1 + 1 = 2  とかではなく
1 + 1 =  別の何か

そんなシナジー効果、クエンチング効果に新鮮な驚きを感じるブレンドなんです




c0332287_12303425.jpg

こちらは、フラワーエッセンス
今の私のお気に入りブランド、ラブズアルケミーのものです

(左から)
ストップアンドドロップス
ユニバーサルアイ
エターナルラブ



今回、香油作りに、この3種のエッセンスも入れてみました。
「アロマとフラワーエッセンスの香油」
実は、初めての試み!!
どうして、今まで気づかなかったんだろう???
2週間後、どんな香りになるかが楽しみ
そして、それを身にまとった私にどんな変化が訪れるかしら?
そんな想いの中、作りながら
まるで魔女にでもなったような神秘的な気持ちになれました


今日の私だけの香りレシピ

精油
イランイラン 10滴
ベルガモット  10滴

フラワーエッセンス
ストップアンドドロップス 4滴
ユニバーサルアイ  4滴
エターナルラブ 4滴




by vbjaroma | 2016-09-26 12:07 | Aroma & Herb | Comments(0)

アロマ、紅茶、ハーブ、ハンドメイド、リネンとともに心地よく過ごす日々  


by kiko
プロフィールを見る